夜中に格闘

こんにちは ロビンです。


出た、出た、出ました。


トイレに。

ゴキことゴキブリが!!


“ゴキブリが出た!”

と母の叫び声が聞こえ、トイレ前で慌てふためく母の姿がありました。


いま住んでいる部屋はマンションの上の方の階なのもあって、ここに住み始めてから今まで室内でゴキを見たことがありませんでした。

特にゴキ対策をしていないし、家に殺虫剤もありません。


“とりあえず、夜中やしトイレのドアを閉めて、一晩放っておこう。”と母に提案したのですが、トイレに行きたいから、それはできないと。



なので、何とかゴキを外に出そうとしました。

ゴキの導線を確保するため、玄関のドアをストッパーで止めて全開にしました。


すると、うちのワンコがマンションの廊下に出て、ドアの外からこちらを覗いていました。

普段は玄関から外を覗くのに、逆パターン。その姿が可愛くて、ちょっとおもろい。


私は微力ながら、ワンコ用の蚊よけスプレーをトイレにスプレーしました。

ゴキが出てきました。

それを母が部屋の掃除用のワイパーでゴキを押し出し、廊下から玄関へ。


ドア全開だというのに、ゴキはなかなかすんなり外に出てくれません。


玄関で格闘した末、やっとゴキは外に出ていきました。


このあと、どうなるのでしょう。

母は“エレベータで下に降りて、外に出ればいいんだけど”、と言っていましたが、そんなうまくいくかなぁ。


しかし、確かにゴキはエレベータ側に進んでいきました。


とりあえず、ゴキ対策をしないと。トイレに1匹のゴキが出たことがどういう意味を持つのか。

答えはわかりません。


どこから来たのか、外から来たのかもしれません。

わかりません。


早く、ものを減らして、掃除して、きれいにしないと、と思いました。


早く、しないと。切迫感が半端ない。

そういう意味もあって、断捨離を急げと、ゴキが現れてくれたのかもしれません。


ありがとう。さようなら。ゴキ。



ここまで読んでくれて、ありがとうございました。

この記事へのコメント